レズ・ブラザーストンによるそれぞれのシーンにぴったり合ったデザイン、クリス・デイヴィーの示唆に富んだ照明、マシュー・ボーンの鮮烈で映画的なストーリーテリングにより、妥協のないアメリカの小さな街を見事に再現し、息を飲むパワーにみなぎるプロダクションが実現した。出演者には、名だたる注目ダンサーが名を連ね、ラナ役を演じたジジ・ストラレンは本作で英国ナショナル・ダンス賞のOutstanding female performance(モダン部門)を受賞した。また、ラナの妹のリタを演じたケイト・ライアンズはヨーロッパ・ダンス批評家協会賞受賞を受賞している。おなじみ、ドミニク・ノースもアンジェロ役で出演。
世界的に高い評価を得る振付師マシュー・ボーンと彼のダンスカンパニーニュー・アドヴェンチャーが贈る「カーマン」は、ジョルジュ・ビゼーの名作オペラ「カルメン組曲」を元にした作品だ。クラシック音楽の中でも耳にすれば聞き覚えがある人気曲で最も心が動かされる曲の一つとも言える「カーマン」の曲を、マシュー・ボーンの「シザーハンズ」でも音楽を手がけたテリー・デイヴィスが秀逸なアレンジを加えている。舞台は設定を19世紀スペインのタバコ工場から1960年代のアメリカにあるガレージ・ダイナーに置き替えられ、小さな街で渦巻く情熱や夢が一人のハンサムな旅人の出現でかき乱されるスリラーだ。欲望・情欲に動かされ、地元の人々は、抑えることのできない嫉妬・裏切り・復讐のスパイラルへと引き込まれていく。
尺:98分/撮影時期:2015年8月/撮影場所:イギリス、サドラーズ・ウェルズ劇場/演出・振付:マシュー・ボーン/セット・衣装デザイン:レズ・ブラザーストン/照明デザイン:クリス・デイヴィー/サウンドデザイン:ポール・グルースイス(ローレンス・オリヴィエ賞最優秀音響デザイン賞ノミネート歴あり)/音楽:テリー・デイヴィス/出演:「ルカ(旅人)」クリス・トレンフィールド「ディノ・アルファノ(ガレージ・ダイナーのオーナー)」アラン・ヴィンセント「ラナ(ディノの妻)」ジジ・ストラレン「リタ(ラナの妹)」ケイト・ライアンズ「アンジェロ(雇われ人)」ドミニク・ノース
都道府県 都市 劇場名 公開日
愛知 名古屋 名演小劇場 11月26日(土)〜12月16日(金)
東京 池袋 シネ・リーブル池袋 11月19日(土)〜11月25日(金)
岩手 盛岡 中央映画劇場 11月12日(土)〜11月18日(金)
この上なく挑発的
                 The Observer
衝撃的。これは強烈な欲望のダンスだ
                 Daily Mail