MENU

浜崎あゆみ元カレ千葉龍平副社長!hitomiも抱いた年収3.5億 TikToker

浜崎あゆみの元カレ千葉龍平

ガーシーこと東谷義和による「巻き添え事故」が再び。

元avex副社長の千葉龍平が浜崎あゆみ・hitomiのavexの2大スターと熱愛していたと女性関係が明らかになりました。

この千葉龍平という男はどういう人物なのか?

調べるとMAX年収3億5千万円で、現在はTikTokerとして活動していました。

今回は元avex副社長の千葉龍平という人物像に迫ってみましょう。

目次

ガーシーchが暴露!浜崎あゆみとhitomiを抱いた男、千葉龍平副社長

ガーシーこと東谷義和による「巻き添え事故」が再び。

元avex副社長の千葉龍平が浜崎あゆみ・hitomiのavexの2大スターを抱いていたことが明らかになりました。

実は今回のガーシーの暴露、もともとUVERworldのtakuya∞についてでした。

しかしガーシーが「エイベックスのスタイル」に触れたとき、例えばなしで、

まあ(AAAの)千晃ちゃん
(がエイベックス代表取締役会長と交際)
のときはちょっとまた特別
嫉妬心であったりとか

事務所の社長と付き合っている子だけが
特別待遇されるっていう
まあそれってエイベックスのスタイルかな?

とは俺思っているから

という前置きの後で、

千葉さんっていう元々いた副社長が
hitomiさんと付き合っている時も
やっぱhitomiさんは特別待遇されたやろし
浜崎(あゆみ)さんの時もそうやったと思うし

とavexの元副社長、千葉龍平が浜崎あゆみとhitomiを抱いたと「巻き添え」暴露。

このことは噂はされていましたが決定的証拠がなかっただけにファンにとっては衝撃が走りました。

そして最後に、その一連の流れについて、

何かやっぱりそれがお姫様待遇ってよく
そのエイベックスの人達が言ってたけど
いわゆる社長とか副社長とかに気に入られるとそういう扱いをされるっていうのは

聞いたことあるな俺は

とまとめています。

浜崎あゆみとhitomiがここまで爆売れしたのは「お姫様待遇」の影響が多少なりともあったのは間違いないでしょう。

千葉龍平のプロフィール

千葉龍平
千葉龍平の基本プロフィール

氏名:千葉龍平(Ryuhei CHIBA)
出身:駒込(東京都)
家族:妻、息子、娘の4人家族。
自身は三人兄弟の長男(下に弟、妹)
経歴:株式会社アクシヴ 代表取締役社長
エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社 (現・エイベックス株式会社) 代表取締役副社長CSO、
→エイベックス・インター ナショナル・インク 副会長兼COO 、
→エイベックス・ アジア・プライベート・リミテッド取締役等
→ラッセル・マインドフルネス・エンターテインメント株式会社を共同創業。

1964年生まれなので、2022年で満58歳になります。

あとでTikTokの動画も載せますが、58歳とは思えない若々しさです。

この若々しさを生み出す人間的魅力が浜崎あゆみやhitomiの心を射抜いたのでしょうか。

もっと細かい略歴が知りたい!という方のために、年代順に整理したものも載せておきます。

細かすぎたのでavex時代までに絞りました。

千葉龍平の略歴(年代順)

1994年8月 同社常務取締役就任
1995年7月 同社退社
1995年7月 (株)ホワイト・アトラス入社 同社代表取締役社長就任
〈1997年10月 (株)アクシヴに社名変更〉
2002年6月 エイベックス(株) 常務取締役就任
2004年9月 同社代表取締役副社長

千葉龍平のMAX年収は3.5億円!

千葉龍平のMAX年収は3億5千万円です。

桁数あってる??と聞きたくなりますが、

当時バブル時代のavexは相当な勢いだったのでしょう。

TikTokを観るのがめんどくさい人のために、

千葉龍平と現在の秘書のやりとりを載せておきます。

社長社長
avexの副社長時代って
どのくらい稼いでたんですか?

最終的に一番もらってた年収はね
3億5千万

すごいですねwww

長者番付に
毎年のせてくれて
迷惑だったんだけどね笑

ハハハw
暮らしぶりとかはどうでしたか?

もうバブルバブルバブル
毎日ハジけてた

ふふっw

何してたかっていうと
呑んでた
踊ってた
ホニャララ(女性遊び?)
狂ってたね

www
すごいですね

一番呑んだ日は1,600万円消費

同じくTikTokで

「avex時代のときって一晩どれくらい呑んでたんですか?」

という質問に、

「一番使った日は1,600万円」

と大暴露しています。

家も買えてしまう金額ですね。

千葉龍平のavex副社長時代の功績が偉大すぎる

千葉龍平のavex副社長時代の功績が偉大すぎると話題です。

千葉龍平の育てたアーティストがまさに時代を創ったような「大スター」だらけです。

僕たちが目にして「時代を創った」という対象はアーティストがほとんどですが、

千葉龍平のようなマネジメントをする人物が裏で時代を動かしていると考えると身震いします。

千葉龍平の育てたアーティスト

・TRF
・HITOMI
・globe
・浜崎あゆみ
・Every Little Thing

エイベックスに僕はもう
30年ぐらい居たわけなんだけれども
この時代はもう大スターを育てる(仕事をやっていた)
最初に僕が手掛けたのがTRF
(他には)HITOMI
そのあとglobe
浜崎あゆみさんとか
ELTさんを
我々がプロダクションとして抱えていた
ということで稼いでいたかな

千葉龍平がリアル東京リベンジャーズだった件が衝撃

「千葉龍平がリアル東京リベンジャーズだった件」と銘打ちました。

初めての方には「なんのこと?」ですよね。

見ていただく方が速いと思いますので写真を載せます。

暴走族時代の千葉龍平

これは昔、千葉龍平がワルだったときの写真です。

掲げている旗には、

『神国日本皇軍青年隊「群龍」帝都大塚総本部』

と書かれています。イカつい。

暴走族に入っていたんですね。

他にもTikTokでは、パンチパーマや角刈りでワルを追求していた写真が上がっています

こちらがパンチパーマの千葉龍平。

暴走族時代の千葉龍平

こちらが角刈りの千葉龍平。

暴走族時代の千葉龍平

気になる人は是非TikTokの投稿を観てみてください。

こちらで暴走族に入っていた時の写真が紹介されます。

他にも万引きしたり警察に捕まったりしたと言っているので、

なかなかのワルですね。

こちらではパンチパーマと角刈りの写真が紹介。

今の姿からは想像できない、まさに「黒歴史」といったところでしょうか。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる