MENU

NATOを簡単に【漫画10枚】子供向けにわかりやすく説明。ウクライナロシア問題の原因

ウクライナにロシアの侵攻が進んでいます。毎日のニュースの中で「NATO」というワードも飛び交っています。
ウクライナロシア問題を考える上で、NATOについての理解は欠かせません。

  • ウクライナロシア問題をもっと理解したい!
  • ウクライナロシア問題の原因のNATOってなに?
  • NATOについて子供に質問された!
スポンサーリンク

そんな方のためにNATOを簡単にで漫画10枚で子供向けにわかりやすく説明します。ウクライナロシア問題の原因の一つを理解しましょう。

ウクライナ情勢全体についてはロシアウクライナ問題【漫画10枚で】子供向けにわかりやすく説明していますので気になる人はこちらもチェックしてください。

画像はフリーで利用していただいてOKですが、参照リンク元を必ず貼っていただくようお願いします!
一番下にTwitterボタンがあるのでシェアしてくれると嬉しいです。

目次

NATOを簡単に【漫画10枚】子供向けにわかりやすく説明。ウクライナロシア問題の原因

ロシア・ウクライナ問題を子供向けにわかりやすく説明した漫画

むかしむかし、あるところに、

共産チームと資本チームがありました。

ロシア・ウクライナ問題を子供向けにわかりやすく説明した漫画

共産チームのルールは「国民の財産は国が管理」
資本チームのルールは「国民の財産は国民で管理」
なので、全く違う価値観でした。

ロシア・ウクライナ問題を子供向けにわかりやすく説明した漫画

ある日、ロシア君がパワーアップした!というニュースが飛び込んできました。

ロシア・ウクライナ問題を子供向けにわかりやすく説明した漫画

これをきいた資本チームはロシア君の影響を警戒しました。
「おれたちのルールも変える流れになるんじゃ…」

ロシア・ウクライナ問題を子供向けにわかりやすく説明した漫画

そこで資本チームのイギリス君は、まず近くの友達に声をかけて、5人グループを作りました。

ロシア・ウクライナ問題を子供向けにわかりやすく説明した漫画

同じころ、アメリカ君はイギリス君たちのフォローをしていました。資本チームの結束が強まります。

ロシア・ウクライナ問題を子供向けにわかりやすく説明した漫画

それを見たロシア君も7人グループを結成。資本チームに対抗します。

ロシア・ウクライナ問題を子供向けにわかりやすく説明した漫画

イギリスくんは、「ロシア君に負けないためにもっと強いチームを作ろう!」と呼びかけました。チーム名は「NATO(ナトー)」。

ロシア・ウクライナ問題を子供向けにわかりやすく説明した漫画

ロシア君も負けていません。結束の強いチームを作りました。その名も「WPO」。

ロシア・ウクライナ問題を子供向けにわかりやすく説明した漫画

両チームは激しく対立してにらみ合います。にらみ合いは34年間も続いたのです。

【もうちょっと説明】ウクライナロシア問題の原因・NATOってなに?

漫画でなんとなくのイメージが掴めたでしょうか?

ここからはもうちょっと詳しく、できるだけわかりやすくロシアウクライナ問題の原因・NATOを説明していきます!

発端は70年以上前の第二次世界大戦後までさかのぼる

「冷戦」という言葉はきいたことはありますか?

「冷戦」とは、「直接的は戦わないけど、経済・外交・情報などを手段として行う国際的対立構造」のことを言います。

1945年ごろ、第二次世界大戦後はソ連(当時のロシア)率いる共産主義諸国とアメリカ率いる資本主義諸国の対立構造、いわゆる冷戦状態でした。

ソ連は、ドイツから解放された東欧諸国に影響力を強めていきます。

アメリカは戦争で疲弊したヨーロッパ諸国に経済援助をすることで、ソ連の影響力の拡大を阻止しました。
こうして、西側の資本主義陣営と東側の共産主義陣営とが、敵対するようになりました。

共産主義とは
資本や財産をみんなで共有する平等な社会体制のこと。土地や財産などはすべて国のものとなり、みんなで共有します。生産されたものもみんなのものとなり、均等に分配するという考えです。ちなみに「社会主義」は共産主義の子どもくらいに思っておけばOKです。

資本主義とは
働いたらその分だけ報酬が得られて、個人や企業が財産を所有することができる体制をいいます。人気があるものはよく売れ、さらに市場の競争によって価格が安くなることもあります。業績のよい企業に就職して頑張って働けば、多くの給料をもらえるかもしれません。しかし業績が悪くなれば、失業したり生活が苦しくなったりするリスクもあります。

https://hugkum.sho.jp/167293

1948年2月に共産党によるチェコスロヴァキアのクーデターが成功したことにより、ソ連率いる共産主義陣営が勢力を強めます。当時ソ連は核開発も進めており、アジア圏も共産優位になっていました。

NATO(ナトー)の元祖、ブリュッセル条約

共産主義勢力の強まりに警鐘を鳴らしたのがイギリスの首相チャーチルです。

1948年3月、イギリスチャーチル首相の呼びかけで、資本主義陣営のイギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクでブリュッセル条約が締結されます。これがNATOの元祖となります。

共産圏の武力侵攻への対抗と、ドイツ軍国主義の復活を阻止するという目的がありました。経済・社会・文化での協力と共に集団防衛していこう!と結束します。

その前年の1947年6月、アメリカはマーシャルプラン(ヨーロッパ経済復興援助計画)を発表しました。これは、ヨーロッパ諸国の戦後復興にアメリカが大規模な援助を提供し、経済を安定させて共産主義勢力の浸透を防止するというものです。

これもソ連が資本主義陣営を警戒する要因となりました。

WPOの元祖、COMECON(コメコン)

1949年1月、共産主義陣営でCOMECON(コメコン)が組織されます。

これはソ連邦、アルバニア、ブルガリア、チェコスロヴァキア、ハンガリー、ポーランド、ルーマニアの東欧社会主義国が結成した経済相互援助に関する会議です。「会議」とはいいつも実際は組織のようなものでした。

アメリカのマーシャル=プランに対抗して、東欧社会主義諸国の経済協力を進めるとともに、結束を強める、言い換えれば縛りを強くするための機構になりました。

NATOの誕生!

1949年、イギリスは大西洋をはさんだアメリカとカナダなどに呼びかけ、計12カ国のNATO結成されました。

ワルシャワ条約機構の西欧同盟諸国にアメリカ合衆国、カナダ、ノルウェー、デンマーク、アイスランド、イタリア、ポルトガルが加わり、12カ国によって北大西洋条約を締結、この条約を基に作られた組織がNATOです。

COMECONを意識して作られた組織であることは言うまでもありません。

NATOの概要

NATOについて知識を深めましょう。

1949年に北大西洋条約に基づき結成された、資本主義陣営の集団的軍事機構です。

東西冷戦期にはソ連東欧圏への抑止力となっていましたが、冷戦後はその性格を変化させヨーロッパ=北大西洋地域全体の安全保障機構となっています。

しかし1999年以降、加盟国の東方拡大が進んだことから、ロシアが警戒感を強め、特にウクライナ加盟問題では再び軍事的緊張が高まっています。

NATOは軍隊を持っています。

北大西洋条約第5条に「(条約加盟国の)一国ないし二国以上に対する武装攻撃は全ての(加盟)国に対する攻撃と見なす」と規定しています。

直接明記されているわけではないですが、ソ連および共産主義陣営を仮想敵勢力として、その武力侵攻から共同防衛をはかるという目的がありました。

NATOは冷戦後も存続しています。

これは東西統一したドイツの「ひとり歩き」をさせず、NATOの枠組みの中に置いておくことが意図されていました。

http://www.y-history.net/appendix/wh1601-071.html

WPOあらわる

1955年、ソ連はNATOに対抗してWPO(ワルシャワ条約機構)を結成します。

加盟国はソ連、ポーランド、東ドイツ、チェコスロヴァキア、ハンガリー、ルーマニア、ブルガリア、アルバニアの8カ国です。

もちろん対NATOを意識して作られました。

冷戦が集大成へ

NATO、WPOの2大勢力が出来上がったことにより、東西冷戦の構図が集大成を迎えます。

1989年、ソ両国首脳のマルタ会談で冷戦の終結が宣言されるまで両者の緊張が続きました。

ここで注意したいのはウクライナはWPOに加盟していないことです。ウクライナはロシアとソ連を牽引した兄弟国で繋がりが深く、地理的にもロシアから見てNATOに対する「最後の砦」。ここを失うことはロシアにとって避けたい事態になっています。

引用元一覧

テレ朝news
読めば流れが分かる ウクライナ危機の背景 プーチン大統領は何を恐れているのか〜前編 ロシアがウクライナの国境沿いに軍を展開し、侵攻が始まるのかどうか、緊迫の状況が続いています。 プーチン大統領はなぜ戦火を交える危険まで冒して、ウクライナのNATO=...
テレ朝news
読めば流れが分かる ウクライナ危機の背景 プーチン大統領は何を恐れているのか〜後編 1991年の崩壊から2010年にかけてのロシアは、大変混乱した国でした。 新しい資本主義を取り入れることにも失敗し、一部の富める人たちのもとに富が集まり、政治家の間でも...
あわせて読みたい
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる