MENU

NHKが統一教会を報道しない理由は自民党と関係が深いこと

NHKが統一教会を報道しない理由

NHKが統一教会をニュースに取り上げません。

毎日目にする「統一教会」の文字。

しかし圧倒的にNHKが統一教会を報道しないと批判されています。

今回はNHKが統一教会を報道しない理由を解説します。

目次

NHKが統一教会をニュースに取り上げない

NHKが統一教会に関するニュースをなかなか取り上げません。

ネットでは

「NHKにも統一教会が入り込んでいるのか?」

「政府や自民党と距離が近いNHKであれば当然か…」

と批判や落胆の声が多数寄せられました。

NHKが統一教会を報道しない理由は自民党と関係が深いこと

NHKが統一教会を報道しない理由は自民党と関係が深いことです。

まずNHKは公共放送。これは「政府から独立」を意味しています。

しかし実態はNHKが政府と関係の深い国営放送ではないかという意見があります。

 事業予算・経営委員任命には国会の総務委員会や本会議での承認が必要。したがって経営・番組編集方針には時の政権の意向が反映される。総務大臣はNHKに対して国際放送の実施、放送に関する研究を命じることができるなど、国営放送といってもいいくらい、政権の意向に影響されることが多い

https://japanknowledge.com/articles/kotobajapan/entry.html?entryid=3816

NHKは放送法に則り運営しています。

その放送法の第70条には次のように政府が関わる項目が明記されています。

1.協会は、毎事業年度の収支予算、事業計画及び資金計画を作成し、総務大臣に提出しなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。
2.総務大臣が前項の収支予算、事業計画及び資金計画を受理したときは、これを検討して意見を付し、内閣を経て国会に提出し、その承認を受けなければならない。

https://www.nhk.or.jp/faq-corner/1nhk/01/01-01-11.html

ここで「政府から独立」という前提に疑問が浮かびます。

「承認を受ける」とき、そこには上下関係があり、少なからずNHKサイドが政府の顔色を伺うことが予想されます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる